施術前後の注意点

顔に触れる女性

初めてのボトックス

ボトックス副作用は少ないので安全に施術をすることができますが、施術をする前には安全で信頼ができるクリニック選びが大切です。また診察時に持病の有無や病歴を聞かれるので医師に判断によってはボトックスができない場合があり、妊娠中の人、妊娠を希望する人、ボトックスで過去にアレルギー反応を起こした人は出来ません。また内出血が起こりやすい薬を飲んでいる人、緑内障、慢性呼吸疾患、筋肉の萎縮がある人、重度の筋肉低下がある人、他の病院で3か月以内に大量のボトックス注射を行った人もボトックスを受けることが出来ないため、自分が受けられるのか確認する必要があります。特に薬を服用している人はボトックス効果が強く出てしまう場合があるので事前に医師に伝える必要があり、過去に他に病院でボトックスの経験がある人は注射時期や対象部位、製品名や量も伝えてください。施術はボトックス効果を十分に得るためには注意事項を守り、患部は優しく扱わなければなりません。当日、医師から飲酒やサウナ、強いマッサージを控えるように伝えられ、体を温めると腫れや出血の原因になり、熱でボトックスが分解されてしまうからです。マッサージをすると不要な部分まで広がってしまい効果を十分に得られなくなるので、数日は安静に過ごすといいでしょう。何でも初めてやることには不安がありますが、ボトックスを初めて行うならアラガン社のボトックスが安全で、アラガン社のボトックスだけが厚生労働省で認可されているからです。ボトックスはほうれい線や眉間のしわなどに注射を打ちますが、打った直後にはそれほど効果を感じることはなく施術後2〜4日目から徐々にしわが薄くなり消えていきます。しかしボトックス効果は永久ではなく3〜4か月程度しか持続できず、効果が切れると元の状態に戻ってしまうため定期的にボトックスを受けるといいでしょう。定期的にボトックスを受けることで効果の持続期間が長くなり、しわができにくい肌になります。ボトックスは注射をする部位によってボトックス効果を実感できるまでの期間が異なり、1週間以上もかかる場合があるため結婚式などの大きなイベントが控えている場合には、1か月前にボトックスを受けておくといいでしょう。施術時間は簡単な施術の場合で10分程度と短く、注射箇所が多くなればなるほど施術時間も費用もかかります。施術後に気になる事や質問があったり、肌や体調に異変があったりしたらできるだけ早く医師に相談し、迅速な対応をしてもらうことが必要で、悪化させてしまうとお金も時間もかかってしまいます。

Copyright© 2018 ボトックス効果で自然な笑顔|理想的な状態をずっとキープ All Rights Reserved.